物件選びは管理体制を重視 | 個人で投資物件を探すなら一棟売りのアパートを探そう

個人で投資物件を探すなら一棟売りのアパートを探そう

不動産

物件選びは管理体制を重視

マンション

マンションは快適な住居であるとともに、資産としての価値も高い不動産のひとつです。マンション管理は、区分所有者から選出された組合員で構成される、管理組合が中心となって行います。とはいえ、組合のメンバーには、管理の実務に必要とされる専門的な知識や技術が充分とは言えません。また、居住者のライフスタイルはさまざまですから、時間的にも管理業務を担当するのは困難です。そこで実際の業務は、管理組合から委託を受けたマンション管理会社が、契約の内容に従って実施しています。どんなに立派なマンションでも、管理体制が整っていなければ、暮らしやすい環境は期待できないうえ、資産価値の低下にもつながりかねません。そのため、高品質の管理をサポートしてくれる、信頼のおける管理会社を選定することが何よりも重要です。

マンション管理の実務は、共有部分の清掃をはじめとして、建物や設備の点検・整備、受付等の管理員業務、出納・会計の事務管理など、多岐に渡ります。こうした広範な業務をトータルで任せられるのが、マンション管理会社と契約するメリットです。さらに近年では、住民間で起こるトラブルの仲裁役も期待されています。従来は、騒音やペット等に関するクレームは、当人同士の話し合いで解決してきました。しかし、感情的に対立してしまえば、より深刻な事態も招きかねないため、管理会社が間に入るケースが増えています。このように、管理会社は頼りにできる存在ではありますが、管理業務を全面的に任せてしまうのお勧めできません。特に、管理費の内訳や修繕積立金の見直しなどの重要事項は、管理組合でもよく調査することが必要です。不明な点があれば、「マンション管理士」など第三者の専門家に相談し、アドバイスを求めることも検討しましょう。