空室リスクに良い対策 | 個人で投資物件を探すなら一棟売りのアパートを探そう

個人で投資物件を探すなら一棟売りのアパートを探そう

不動産

空室リスクに良い対策

アパート

これからマンション経営やアパート経営を行おうと考えている方が結構いるはずです。テレビや雑誌で儲けている人が取り上げられているので、自分も稼ぎたいと考えるのは何も間違っていません。株やFXなどの金融投資と比較して、不動産投資はリスクが低いので良い選択だと言うことができます。ただ、リスクが低いといってもゼロではなく、空室が発生してしまう可能性があります。そこで、空室リスクに備えるために、家賃保証を利用することを検討してみてください。家賃保証は管理会社に委託することで、空室になったとしても、毎月一定の収入を得ることができるものになります。確実に収入を得たいと考えている方には、家賃保証は適しています。

毎月一定の収入を保証してもらえるのですが、知っておくべきことがあります。それは家賃保証によって収益が減少してしまう側面もしっかり理解することになります。家賃10万円を10戸持っていて空室が無い場合は1年間で1200万円の収入を得ることができます。それが家賃保証85%だと850万円となり、350万円の差が生じてしまいます。この差は決して安い額ではないので、集客が見込めるのであれば、家賃保証を利用するべきではありません。また、家賃保証の額は一定ではなく、2年ごとに家賃交渉が行われて、低くなってしまうケースが少なくありません。あくまでも管理会社はオーナーのためと言いつつも、会社の利益のために行っています。したがって、家賃保証を利用するのであれば、本当に必要なのかを考慮してから決めてください。